close

  • TOP
  • SDGs
  • ママに向けた漆器ブランド『YOKA』が誕生!SDGs未来都市 鯖江市とMOTHERS編集部のコラボでテーブルウェアの新スタンダードを提案!
  • TOP
  • 編集長の部屋
  • ママに向けた漆器ブランド『YOKA』が誕生!SDGs未来都市 鯖江市とMOTHERS編集部のコラボでテーブルウェアの新スタンダードを提案!

2022.04.04

SDGs

編集長の部屋

ママに向けた漆器ブランド『YOKA』が誕生!SDGs未来都市 鯖江市とMOTHERS編集部のコラボでテーブルウェアの新スタンダードを提案!

 

2021年の夏から鯖江市とMOTHERS編集部がタッグを組んで、共同開発を進めてきた越前漆器の新ブランド『YOKA(よか)』が遂に完成!

「自分の時間を大切にしよう」をコンセプトにした『YOKA』は、1万年以上前から用いられている漆のこれまでの伝統と優れた機能性はそのままに、現代の暮らしに溶け込むような色や形、使いやすさを凝縮したラインナップになりました。

今回、MOTHERS編集部がこだわったポイントは、子どもから大人まで家族みんなで使えて、あらゆるシーンで活躍する使い勝手のいいデザイン、そして食洗機で洗えるということ。

程よい大きさと深さがあるボウルは、おかずを取り分ける取り皿として、またサラダや副菜などを盛り付ける小鉢としてなど、デイリーに利用できるデザインとサイズ感。またシンプルなデザインなので、洋食・和食・中華問わずに使えて、小さなお子様がいるご家庭では、子ども用食器としてもマルチに活躍します。

漆器というと、どうしても手入れが大変なイメージがあり、忙しい子育て世代のママからすれば、日常使いしにくいかもしれない……と敬遠していた方もいるかもしれません。でもこの『YOKA』は、ウレタン塗装を施してあるラインナップもあるので、他の食器と同様に食洗機で洗うことができます。

さらに漆器ならではの、使い込むほどに愛着が増し、経年変化した風合いもまた、何にも代えがたいタイムレスな存在感を放ち、テーブルウェアの新スタンダードとして一役買ってくれること間違いなし!

またカラーリングにもこだわったこのシリーズ。今までにない、くすみカラーがおしゃれな雰囲気に。「錆御納戸(さびおなんど)」や「紅梅(こうばい)」、「桑染(くわぞめ)」など、日本の伝統色を想起した6色を展開し、料理の邪魔をしない落ち着いた色みなのに、どこか華やかで洗練された印象に仕上げました。

世界的に注目されている漆の抗菌性や抗ウイルス性、酸やアルカリ、アルコールにも強く、また耐久性、耐水性、断熱性、防腐性にも優れるなど、高い機能性を兼ね備えています。

 

MOTHERS編集部×鯖江市 越前漆器協同組合がコラボレーションした、新漆器ブランド『YOKA』は、古く長い歴史ある漆器を今っぽいオシャレなデザインと、現代のママたちが必要とする機能性を融合させることに成功。すでにさまざまなメディアにも取り上げられ、大きな話題になっています。『YOKA』をきっかけに、日本の伝統工芸品である漆器の素晴らしさを多くの人に知ってもらい、そして手に取って、日常で使ってもらいたいと考えています。

まずはMOTHERS編集部の想いを詰め込んだ漆器ブランド『YOKA』のブランドサイトをチェックしてみてくださいね。

▶YOKA公式Instagramは【こちら】
▶YOKA公式オンラインショップは【こちら】

子どもたちに受け継ぎたい、サステナブルな新しいカタチの漆器を迎え入れて、日々の食事をさらに楽しく、豊かなものにしていただけることを願っています。

 

提供:鯖江市
文:佐藤 梓

DAILY RANKING