close

  • TOP
  • MYSELF/自分のコト
  • 更年期や閉経に向かう40代から「女性ホルモン」をより深く、強く意識する生き方へ #生理と性を考える

2021.06.16

MYSELF/自分のコト

更年期や閉経に向かう40代から「女性ホルモン」をより深く、強く意識する生き方へ #生理と性を考える

独身時代は忙しく働いて、楽しく遊んで、夜も好きなことに時間を使っていたけれど、結婚をしたら急に旦那さんに生活を合わせないといけず、子どもが生まれたらあっという間に時間が過ぎる。とにかく30代後半から40代は目まぐるしくライフバランスが変わってきます。今まで私は特別「女性らしさ」にこだわったケアをしてこなかったタイプですが、これからの人生、「女性ホルモン」が人生を楽しむキーワードだと実感しています。女性のからだの仕組み、女性としての生き方、女性のからだのケア……つまりもう閉経に向かう今こそ、あらゆる局面で今まで以上に「女性」ということを意識して生きていくことが必要になるのだと思います。

今までの当たり前にも「努力」が必要に

前はゆっくりお風呂に入れていたのに、今はなんだか落ち着かないし、夜の自分時間も少しお預け、という方も多いかもしれません。忙しい毎日の中で、淡々と日々が過ぎ、睡眠が削られたり、浅くなっていることが多いのでは? すると自分の体のリズムが崩れ、生理の周期に影響が出たりします。睡眠の質が下がると、その日は残念ながら女性ホルモンが分泌されません。つまり女性ホルモンがさらに減っていくということです。若い頃は、何をしていてもお肌も体力もなんとかなってきましたが、どうにもなんとかならなくなるのが40代。さらに閉経後は格段に女性ホルモンが減って乾いてくる、と皆さんいいます。時間があった若い頃よりも、何事も努力が必要。「眠ること」すらも意識と努力が必要なんです。

睡眠不足は女性ホルモンの分泌をストップさせます

私は深く眠ることは、何よりも1番の贅沢だと思っています。また年齢を重ねるからこそ、女性ホルモン分泌を促さねばと思う。しかし、寝不足や、睡眠の質が悪いと、その日は女性ホルモンの分泌がされないのです。入眠後2時間くらいで深いノンレム睡眠に入りますが、ここで深く眠っていないと、その日はもう分泌がストップです。ですから、まずは睡眠の質をあげることが大事なんです。

例えばオーガニックコットンの気持ちの良いナイトウエアで、緊張を肌からほぐし、気持ちよく眠りにつくこともホルモン分泌アップの一つ。慌ただしい生活を送る方こそ「久しぶりにゆっくり安心してよく眠れた!」という感想を多く聞きます。ついあれこれ考えて夜もハイパーになりがちな方は、ふわふわのアイマスクをして入眠モードに強制的に切り替えます。私はnanadecorのオーガニックコットンのナイトウエアにアイマスクをする、というスタイルをもう15年くらいほぼ毎日実践しています。お風呂上がりにふわふわのウエアに着替え、アイマスクを目にのせると「もう寝るんだ」と脳が覚えているので、すぐに眠ることができます。

よく「パジャマになかなか投資できない!」という方も多いのですが、考えてみてください。「外着で1シーズン、20回着ている服はいくつありますか? 次の年また10回着る服はありますか?」パジャマは1年で100回以上着ることもできます。こんな「これがあれば大丈夫」という自分だけの入眠アイテムを、一つ一つ探していくのです。それが女性ホルモンのため、若さのためだと思えば、レースやピンクのナイトウエアも愛おしく見えるはずです。

女性らしく生きることで、人生をより楽しむ

そして年齢は髪や肌の艶に出ます。オーガニックのシャンプーで経皮毒を予防していても、髪がパサパサではいけません。しっかりオーガニックの植物成分が凝縮したTwiggyのリッチなシャンプー、リンス、トリートメントを。お風呂上がりはヘアオイルを使い濡れた髪に浸透させます。朝はTwiggy やukaから出ているオイルインのヘアスプレーで艶を出します。スキンケアも、より艶とハリ、ターンオーバーを意識したアイテムへと切り替えることも必要です。

こんな風に、今まで「女性性」というものを意識してこなかった私こそ、健康もスキンケア、ヘアケアも「女性ホルモン」を刺激するケアが必要だと実感しています。更年期の症状も、女性ホルモンのバランスを整えることで改善することも多く、Wahpytoのフィトテラピーのエッセンスやインナーサプリを摂るようにしています。ホルモン量は年齢とともに減っていくばかり。「艶=潤い」は減る分にプラスアルファを努力してオンしていかないと、中からも見た目も乾いてしまいます。私はオーガニックコットンを通して生地の保湿力や、レースやピンクを着ることで癒される、緊張がほぐれることを実感しています。皆さんを見ていても、やわらかな素材をまとうと、顔の緊張がほぐれ、血色がとてもよくなる。ピンクやナチュラル色という色の効果もあります。若い頃よりも、いろいろ経験してきた今だからこそ、そのありがたみや、実感値が増すようです。

インナーケアも、スキンケアも、女性らしさを大切に。自分のホルモンケアを怠らない50代、60代の先輩たちはいつも艶やかで、楽しそう。これからの私たちの生き方は、自分らしさに、女性らしさを加えていくことが、仕事もプライベートも楽しむコツだと思っています。

神田 恵実

nanadecor ディレクター。オーガニックな暮らしと女性らしい生き方を提案

nanadecor ディレクター。オーガニックな暮らしと女性らしい生き方を提案

DAILY RANKING