close

  • TOP
  • MYSELF/自分のこと
  • 子どもにおうちが楽しい場所だと感じて欲しい #この冬、おうち時間を楽しむ方法

2021.02.05

MYSELF/自分のこと

子どもにおうちが楽しい場所だと感じて欲しい #この冬、おうち時間を楽しむ方法

昨年からの状況で日常の生活が変化してきた方も多いのではないでしょうか。

おうちにいる時間が増えて暮らしの変化があった2020年になりましたよね。

我が家でも計画していた旅行が去年も今年も全キャンセル。とても残念ではありますが今は我慢の時ですよね。

旅行はもちろん外食も一切しないで頑張っている医療従事者の皆様などを思うと本当に頭がさがります。日常生活が普通に戻れる日を楽しみに、今は今しかできない経験に繋がると思い、前向きに過ごしていけたらと思っています。

我が家の変化といえば、おうちにいる時間が増えたということもあり、毎日の生活の中で楽しめるようなものを取り入れたり、考え方そのものを柔軟にしていこうと意識したりするようになりました。

普段の暮らしが思い出になればいいなと思い、昨年から変化した我が家の過ごし方をお話しできればなと思います。

 

子どもと共有時間を設ける

家にいる時間は息子とゲームで遊ぶこともありますし、動画をみて過ごすこともあります。

6歳になる息子にゲームは早いと思う人もいるかもしれませんが、うちは解禁しています。

在宅仕事が多い私は頼りまくりの現実です……。

一人っ子ということもあるのですが、相手がいないのでテレビや動画、ゲームの力に頼らせて頂いております。

家庭内でルールを決めて、うまくつきあっていければいいのかなと我が家では思っています。

おうち時間が増えたことで変化したことは一方的に遊ばせるのではなくて、私も参加するということ(笑)。

個人的にゲームは全く興味がないのですが、息子の対戦相手として楽しんでみようと決めて、たまに参加させてもらっています。ちなみに息子の方が上手です(笑)。

興味がなさそうな私が「一緒にやろう」と声をかけると息子はとても嬉しそうな顔をしてくれます。

実際は余裕がある時だけですが……。

その嬉しそうな笑顔を見るとついつい、興味がなくても一緒に楽しんでみようかなという想いに。

気づけは真剣モード……色々教えてもらいながら頑張っています。

自分では知らなかった自分と出会えるのも、子育てをさせてもらっているからこそ生まれるものかもしれないなと思っています。

不用品でアート作り

整理収納アドバイザーとして不要なモノは処分するということを推奨はしていますが、

なかなか形あるものは処分できないものもありますよね。

私の場合はボタン。洋服購入時についてくるもの、結局ほぼ使うことなく洋服の寿命を迎え

気づくと大量にたまっていました。でも可愛いモノもあって中々処分出来ないこと数年……。

余っていたフレームをつかって息子と一緒に作品を作ってみようと思いつき、一緒につくったものです。

ただゴミとして処分するのではなく、世界に1つしかない作品として生まれ変わりました。

ビー玉やクリップもくっつけてみたりして!! 作業している時間はとても楽しかったです!

不要なモノだったのが一気に宝物に代わる瞬間でした。

リビングに飾っているのですが、これを見るたびにまたやりたいなーと言っているので、コレを機にたまってきたガチャガチャのオモチャ整理をしてもらって、また一緒にやってみようかな~と思っています。

 

おうち作りを一緒に楽しむ

築13年になるマンション住まいなのですが、ところどころ壁紙の劣化がありペンキを塗ったり、壁紙を張り変えたりとセルフリフォームをしています。

素人なので失敗したりもしますがそれも味。完璧を目指さないくらいがちょうどいいかな!

それよりも「楽しむ」ことを意識しています。

気分転換にもなりますし、部屋の印象も変わりいいことずくめなんですよね!

息子にも参加してもらって壁紙を張ったりペンキを塗ったりするのも楽しい時間です。

自分でここを塗った! という満足感もあるようでおうちを一緒に作る楽しみを共有できたらと思っています。

子どもの作品整理

学期末幼稚園に通う息子は沢山の作品を持ち帰ってきます。

普段はお友達とのお手紙交換や折り紙交換もありますし、気づくと大量になってしまいますよね。

我が家では順番をつくって管理しています。

飾る→厳選して残す(一時保管)→収納する(思い出BOX)の順番です。

持ち帰ってきたものはすぐに飾る方が鮮度も高いですよね!

飽きっぽい子どもにとっての「今」を大切にしています。

親から見てコレは! と思うものや子どもが気に入っているモノはその場で写真を撮ることもあります。

形として全部残していくのはキリがないと思っているので、せめて写真だけでも……という想いからです。

3月になると1年を通して残されたものを思い出BOXに収納します。

細かくファイリングして残すのは手間がかかり私が管理しきれないので、ジップ袋に1年分ザックリと収納しているだけです。

そろそろそんな時期になってきたので息子と一緒に仕分けをしてみようかなと思っています。

1年を通して成長過程も見えるこんな作業ひとつも、家にいるからこそできることではないでしょうか!

 

凄く特別なことをしているという訳でもないので参考になるか分かりませんが、

ママ自身が子どもの目線になってみて歩み寄ること、

いつも自分でやっていることに子どもを巻き込んでみること、

そんなことを今この時だからこそ大切にしていきたいなと思っています。

自分の世界観が変わり、子どもと共有できる楽しみを見つけることってあると思うんですよね。

私は子どもと遊ぶのが上手でも得意でもありません……。

自然にそういうことができないので、おうちが楽しい場所だなって感じて欲しいという想いだけで、努力している部分は正直あります。

答えはその時の子どもの笑顔。

それだけで十分じゃないでしょうか。

今しかない貴重な時間! と思って楽しんでいけたらなと思っています!!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

上田 麻希子

家族が幸せに過ごせる整理収納術を推奨するライフスタイルアップコーディネーター。

家族が幸せに過ごせる整理収納術を推奨するライフスタイルアップコーディネーター。

DAILY RANKING