close

2021.06.29

FAMILY/家族・子供

MYSELF/自分のこと

夏はとにかく頑張ることをやめる! #夏の準備

夏は頑張ることをしない!

まだまだお家時間が長くなりそうですね。
いろいろと先の見えないことを考えてしまうと、つい心配ばかり増えていってしまいがち。

私は、もともとテレビにあまり興味がないということもありますが、たくさんの情報が入ってくるのを遮断するためにも、昼間はテレビはほぼつけずに音楽を流して過ごしています。

色んな情報が次から次へと入ってくることで、頭が混乱してしまうということもあると思うんです。

こんな今だからこそ、「○○はしたらダメ」「○○しなきゃいけない」という何かを正さなければいけないという気持ちから、疲れが出てくる時期でもあると思います。

ここらへんで一旦気持ちのリフレッシュや思考を休める。自分らしく生きるために、家の中ではぜーんぶ気持ちをフルリセット。「夏は頑張ることをしない!」と決めてみるのもいいのではないでしょうか?

毎日学校に行って頑張っている子どもたちも、夏には長い夏休みがやってきます。

子どもたちも夫も毎日頑張っているからと、私も頑張らなきゃ! と日頃感じて刺激されているところもあるけれど、夏は子どもたちと一緒に思いっきりゆっくり過ごしたいなと思っています。

私は、去年まで会社員として働いていて、子どもたちと一緒に過ごせる夏休みは今年が2回目。
夏休みは、ご飯も朝昼晩と作らなければいけないけれど、手を抜くところは思いっきり抜いて「頑張らない夏」にしたいなと思っています。

ちょっと前に産まれてきたような感覚のある長男は、今ではもう8歳。大人になる20歳までと考えて見ると、もう既に約半分が過ぎてしまっているということ。

そう思うと、子どもの成長ってもの凄く早くて、次にふと気づいた時にはもう大人になってしまっているかもしれない。子育てのカウントダウンはもう既にはじまっています。

以前よく職場で「子育てってあっという間に終わっちゃうんだよ」っていう言葉をよく先輩方にお聞きしていました。

その時私は職場復帰したばかりで、長男が年少・次男が2歳児で保育園に通っていた頃。そう言われてもピンとくるどころか、えーそうなの? まだまだ長すぎる……と思っていたんです。今思うとその時は、毎日が忙しくて大変! という気持ちの方がまさっていて、気持ちの余裕があまりなかったからだと思います。

でも今は兄弟が1、2年生になり、やっとその言葉の意味がなんとなく分かってきたような気がしています。

今この時期は、今しかなくて今しか過ごせないんですよね。1分1秒でも後戻りはできない。毎日の「カワイイ」を思いっきり噛み締めなければ勿体ないなとも思っています(もちろんギャーギャ怒る時もありますよ笑)。

 

家時間がちょっと楽しくなる工夫

子どもと一緒に遊ぶことは、あまり得意ではない私。家でも特別なことはできないけれど、子どもたちと同じ空間で一緒に過ごす時間は長く持ちたいなと思っています。

 

・お菓子を一緒に「美味しいね」と言って食べる時間

・夏の涼しい朝晩にみんなで散歩したいよね

・たまには外でみんなで縄跳びしてみよーよ

・一緒に昼寝しよー!

・今日の朝ごはん「ウッドデッキにレジャーシート敷いて食べない?」

 

こんな事でも、「ちょっと楽しい! 家時間」につながると思います。家族みんなが無理せず、心地いいなと思える時間が過ごせたらなと思っています。

またわが家では土日や長期休みには、「お外でご飯」「おうち宿」を突然はじめることもあります。「お外でご飯」とは、外のウッドデッキスペースにホットプレートを持ち込んで、お肉を焼いて、まさにBBQもどきをすること。

お昼は焼きそばや炒飯をつくって、夜はBBQもどきと、ホットプレートを外に1日中出しっぱなしにして「お外でご飯」を思いっきり堪能することもあります。

そんな時の食器は紙皿などの使い捨て食器を。家事も楽ができて、外で食べるご飯は美味しい。思わず笑顔が増えちゃいます(笑)。

しっかり炭火でBBQを楽しみたい時には、ダイソーで販売されている「使い捨てコンロ」を使うときもよくあります。

小さいサイズが300円、大きいサイズが500円なのですが、簡単に使えて掃除も不要・使い終わったら処分するだけなので簡単です。手軽にBBQを楽しみたい方などにもオススメです。

他には「おうち宿」。これが結構盛り上がるんです。ちょっと寝る場所を変えてみるだけなのですが、子どもたちはキャッキャと嬉しそう!

わが家は1人1枚シングルのマットレスで寝ていて、持ち運びもスムーズ。昨年の冬休みには、テレビ前のリビングのど真ん中にマットレスを並べてみんなでお宿気分で寝ていました。

いつもと少しだけ雰囲気の違う場所に、子どもたちは大興奮。寝る前に、布団の上で一緒にヨガをしたりトランプをしたり。

特別な事はしなくても、少しの思いつきやちょっとした工夫で、充分おうち時間って楽しめるんだと思っています。

また、思いっきりゆっくりのんびり過ごしているからこそ、気持ちにも余裕がうまれて、前向きな気分にもなります。自由に気持ちをコントロールすることもできるのでオススメです。

長い人生の中で、こんなゆるーく一旦立ち止まって過ごす「夏」もあってもいいのかなと思っています。

いつも無理はせず、自分らしく自然体で生活したいと思っています。また来年はどんな夏の過ごし方をしているかな??

今から楽しみでもありますね!

shiroiro.home(aki)

無理をしない収納でシンプルライフをつくる整理収納アドバイザー。

無理をしない収納でシンプルライフをつくる整理収納アドバイザー。

DAILY RANKING